埼玉県立大宮光陵高等学校  since1986 
   普通科  外国語コース  美術科 音楽科 書道科←ここを押してください。
〒331-0057 埼玉県さいたま市西区中野林145番地  TEL 048-622-1277 FAX 048-620-1901
今年開校33年目を迎えました。本校の様々な魅力をたくさん発信していきます。よろしくお願いいたします。

 

児童生徒書道展

↑ここを押してください。
実施要項・出品要項、各学年課題等
を更新しました。今年度も皆様の
ご応募をお待ちしております。
        
 

 

 

メニュー

学科紹介学校概要学校生活進路指導総合芸術活動国際交流学校説明会高校入試事務室からのお知らせ
H27.09.04~974162

H30体験入学・学校説明会

普通科
普通科外国語コース

 第1回   7月28日(土)
 第2回   9月 8日(土)
 第3回  11月10日(土)
 第4回   1月12日(土)

音楽科
 第1回   7月14日(土)
 第2回   9月29日(土)
 第3回  12月 1日(土)

             
美術科
 体験入学  6月23日(土)
       8月21日(火)
         22日(水)
 第1回  10月13日(土)
 第2回  11月10日(土)

書道科
 第1回   8月 4日(土)
 第2回   9月29日(土)
 第3回  12月 1日(土)



詳細は各科の学校説明会
ページをご覧ください。
体験入部はこちらから

 
書道科20期生 島田一輝 (筑波大学 芸術専門学群 美術専攻 書コース 2年)

島田 一輝

平成27年度卒業

筑波大学 芸術専門学群 美術専攻 書コース 2年

さいたま市立大宮八幡中学校出身

 大宮光陵高校の書道科では、実技科目はもちろんのこと理論科目も充実し、内容の濃いものを学ぶことができます。授業の充実に加え、設備も整っているため、最高の環境で書道を学ぶことができます。

 私は書道塾などには通っておらず、高校に入学してから本格的に書道を学びました。字を書くことが好きという理由で書道科を受験したので、高校入学時は不安でいっぱいでした。しかし、3年間書道科の充実した授業を受け、専門性の高い知識や技術を習得することができました。与えてもらうだけではなく、自ら考える機会も多く、自分自身で考えることや行動に移すことが自然と身につき、将来役に立つことをたくさん学ぶことができたと思います。

 私は筑波大学に進学しましたが、書道科の生活の中で自然と身についていたこれらのことがなければ進学することは難しかったと感じています。そして、毎日遅くまで練習にお付き合いくださる先生方が支えてくださったからだと思います。

 書道科は高校3年間を本当に楽しく充実したものにしてくれる場所だと思います。大宮光陵高校書道科という素晴らしい環境で書道を学んでみてください。    


 

 
書道科20期生 松本裕貴 (國學院大學 文学部 外国語文化学科 2年)

松本 裕貴

さいたま市立大宮西中学校出身
國學院大學 文学部 外国語文化学科 2年
平成27年度卒業

 3年間書道科で学び、書道に関する専門的な知識と技術を身につけることができました。

 私は、書道の他に語学にも興味を持っており、大学では英語を中心としてポルトガル語なども学びたいと考えていました。そして、高校3年間で学んだ書道を日本の伝統文化の一つとして海外の方々に伝えていきたいと思うようになり、外国語文化学科に進学することを決めました。AO入試で受験し、活動報告書の提出がありましたが、私は書道の作品制作について具体的にまとめました。面接でも書道のことに興味を持っていただき、書道科での学びを受験に大きく生かすことができたと感じています。

 私は、バスケ部に所属し、部長として活動していました。勉強と部活の両立、そして作品制作ととても忙しい毎日でしたが濃い3年間になったと思います。

 書道科は、全国で唯一の学科です。施設、設備がとても整っているため充実した生活を送ることができました。男子が少なく苦労することもありましたが、熱心に指導してくださる先生方や良い仲間と巡り会えて3年間通うことができました。みなさんにも、ぜひ書道科で充実した3年間を送ってほしいと思っています。

 
書道科19期生 中村友香理 (東京学芸大学 教育学部 3年)

中村 友香理

平成26年度卒業

東京学芸大学 教育学部 3年

越谷市立栄進中学校出身

 書道科では、漢字の書、仮名の書などの実技に加え、書道史や中国・日本の文化についても学ぶことができます。専門科目が多い分、一般科目の授業数は減ってしまいますが、他では学ぶことのできない魅力ある授業を受けることができます。私は、二年次の鑑賞研究で時代ごとに書の名品を鑑賞し、書の変遷に興味を持つようになりました。また、美術館への見学などの行事で本物の書を鑑賞することで、さらに感性を高めることができます。

 私は一般受験をしたため、勉強面で苦労しましたが、多くの先生にご指導していただき、苦手な科目や履修していない科目も克服してきました。そして何よりも、書道科で学んできたという自信を持って実技や理論の試験に挑むことができました。

 書道科は高校生活という貴重な三年間をとても有意義に過ごせる場所です。ぜひ皆さんにも、書道科で充実した三年間を過ごしてほしいと思います。

 


 

 
書道科16期生 池田知香 (愛知県知多市立八幡中学校教諭)

池田 知香

23年度卒業

愛知県知多市立八幡中学校教諭

さいたま市立大久保中学校出身

 小学校三年生から習字教室に通い始め、専門的に書道を学びたいと思い、書道科に進学しました。高校時代は書道部に所属し、毎日作品制作に励んでいました。

 三年間大好きな書道を通して多くの展覧会へ出品したり中国への親善訪問に参加したりするなど大変貴重な体験をしました。その中でも仮名の書を学ぶ中で書と文学との関わりの深さや面白さを知り、古筆の書風だけでなく内容にも興味を持ち始め、古典文学や和歌に大変魅力を感じました。また国語の授業も好きだったことから国語の教員になりたいと強く思い、文学と教員養成に強い國學院大學に進学しました。そして、目標であった中学校の国語の教員採用試験に現役で合格することが出来ました。教員採用試験では書道科で身に付けた忍耐力と継続力を生かし、先を見据えて計画を立て達成させる行動力を発揮することが出来たため、乗り越えられたと思います。

 高校時代の出会いや経験は私の大きな支えとなっています。大学進学から教育実習まで、卒業後も心強いつながりを持つことができています。書道を専門的に学べ、ここまで良い環境が整っている学校は光陵高校の他に無いと思います。書道だけでなく文学に興味のある人にも良い学科です。ぜひ皆さんにも書道科で三年間学んで欲しいと思います。


 

 
書道科15期生 田村彩華 (公益財団法人成田山文化財団成田山書道美術館学芸員)

田村 彩華

22年度卒業

公益財団法人成田山文化財団成田山書道美術館学芸員

さいたま市立土合中学校出身

 私は、高校を卒業後大東文化大学書道学科に進学しました。そこで、学芸員の資格を取得し、現在成田山書道美術館に勤務しています。実際に書作品や資料などを扱う仕事に日々やりがいを感じています。

 今の私があるのは大宮光陵高校での充実した3年間があったからです。中学生の時、説明会に参加し、自分も実際にここで書道を学びたいと思い受験しました。書道科では書くことはもちろんのこと、書道を理論から学び、また美術館見学、特別講座などの行事を通して幅広い視野から書を学ぶことができます。これらの経験は私にとって新たな発見、感動の連続でした。書に対する関心が高まりさらに深めて学びたい、この先も書に携わっていたいという将来の方向性を見い出すことができました。

 書道科には、素晴らしい施設・設備の環境のもと、丁寧に指導し、支えてくれる先生方がいらっしゃいます。自分の可能性を広げ、充実した学校生活を送れる場所だと思います。